株式投資を始めたばかりの初心者へのアドバイス

私はアベノミクスという言葉に誘われ、知識を持たないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。

最初は全然得をせず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、現在は経済が明るくなったのか、私の手法がうまくなったのか得をするようにうまくなりました。

株の収益については、株価の変動での利益と、配当によって、会社から支払われるお金という利益の二つのパターンがあります。

株価の変動を読むというのは難しいと思っているような初心者は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当という定期的な収入を得るというのも良い投資の一つと考えられます。

株の初心者の人が株式投資を始める狙い目とは、大多数の人が株式投資への興味が薄れて、株式市場が閑散とした頃なのです。

このような時期だと、どの銘柄もありえないほど安く株価が放置状態なため、優良銘柄を手に入れるなら絶好の時期だと思うからなのです。

株の始めたての人から上級者まで絶対確認しないといけない数値が日経平均なのです。

日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本を代表する全部で225社の株価を平均したものをいいます。

始めたばかりの人でも毎日のように続けて日経平均を確認すれば、株価の大きなトレンドが分かるようになってきます。

私は興味のある有名どころの株を所持しています。

毎年一回、配当が出るのですか、配当で貰ったお金だけではなくて優待で様々なものがもらえるのが狙いです。

中でも好きなメーカーからもらえると、もっとこの会社に頑張って欲しいなという気持ちになります。

株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで始められるのかと聞かれたら、私的には最低100万円位は用意しないと、株の投資を始めることは難しいと考えます。

その根拠はこれくらいの原資があれば株式上場されている多くの銘柄の中から気に入った出資先を取捨選択することができるからです。

株投資をしている会社員は職場で仕事をしている時は相場を見ることは不可能ので、基本的にはデイトレードのようなものはできないものです。

そのため、たくさんのサラリーマン投資家たちというのは決算書を読み込み、割安の株を探し出し、投資しているみたいです。

株投資について書かれた本を何冊も読み込んだ上で、株式投資の初心者が投資をする場合、スイングトレードと呼ばれる投資方法を採り入れる人もたくさんいるでしょう。

スイングトレードはうまく取引できれば、たくさんの利益を上げられるので、とても人気がある株式の投資方法です。

言うまでもないことですが、いつでも儲かるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。

賃金はいつまで経っても上がらないのに物価を上げようと政府は躍起になっています。

物価が上がるならば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にも繋がります。

余剰資金が銀行に眠っているといったことがあれば、株の投資といったことを始めるとよいです。

株は簡単に始められます。証券会社に口座を持てばよいのです。

参考:むさし証券評判口座開設キャンペーン!【大口手数料優待】

最近では、ネット証券なんかもありますから、取引自体もスムーズにできます。

株を初めてやる人は売り払うときを外してしまうことがあります。

人間は皆、欲望がありますので、「あとちょっと高くなってから」と期待しているうちに、株の値段が下落してしまいます。

利益を確定しなければ利益とはいえないことを念頭に入れて自分に合った株を売るタイミングを考えておくと上手く利益が出るタイミングになるかもしれません。

上昇や下落がどのくらいになるかを時系列に追って、確認するものとしてチャートを活用する投資家はかなりの数になります。

例を挙げると、大幅に上髭が伸びてきている場合、その株のローソク足はその後は下がるのではないかと見込まれますし、ローソク足の分析は、売買するのに良い時期を決める手がかかりになります。

株については知識が豊富でない者が基礎知識を増やすためにすべきことは、とりあえずは、株式投資関連の本の中で、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと思われます。

株式投資についての本を五冊くらい読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は大事なところだということが理解できるからです。

信用取引とは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りができることが大きな特徴といえます。

特に空売りというのは下落相場では大きな力を発揮し、上手に利用することで上げ相場の際でも下げ相場の際でも稼ぐことができる武器となります。

しかし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金の管理を慎重にする必要があるのです。

ほぼ初めて株を買うものはその買い方が理解しづらいでしょう。

証券会社の社員から相談に乗ってもらったり、株式投資に慣れている知人に詳細を話してもらうなどして、株の購入の仕方を教わると良いでしょう。

また、デモトレードの力を借りて、学んでみるのも一つの方法かもしれません。

株の取引をはじめたばかりの人はどの銘柄に投資したらいいのか判断できないので、株式雑誌に掲載されているような推奨銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで投資するのがいいかもしれません。

売買を繰り返して、少しずつ知っている銘柄の数を増加させ、自分でいいと感じる銘柄を見つけるようになるのだと思います。