台風の非常時、どんな危険があるの?

(汗)。
この場合、徳島県木頭村では、1日で1114ミリの雨を降らせたと言います。
(汗)。
(汗)。
東京では2年分の雨に相当したと言います。
それくらい大量の雨がこの村に降ったと言うことです。
怖いですね。
大量の雨を数日間、降らせた台風ですが、死者、行方不明者、住家の全半壊、流失、住家の浸水などがありました。
このように甚大な被害をもたらしたと言います。
(汗)。
これで分かるように台風の際に雨が降るのは、必ずしも台風だけが原因ではないと言うことですね。
台風の雨の他にも、前線の活動を活発にさせて降る雨も重ねてあることを覚えておきたいですね。
台風の雨で、河川が増水することがあります。
それによって堤防が決壊したりする被害もありますよね。
(汗)しかし、都市においては開発が進んで保水機能が低下してしまっている地区もあります。
ですから、都市であっても水害の被害が出る割合が増えていると言えます。
(汗)このように台風による水害と言うと、大河川がある田舎に限ったことだと思いますが、都市部でも懸念されています。
(汗)都市部に住んでいたとしても、このような危機感は持っておくべきですね。
台風によって、雨が降り、それが山崩れ、がけ崩れ、地すべりなどを発生させます。
また、短期間に強い雨が集中して降ることもあります。
そうなると、土石流なども発生します。
このように土砂災害も発生しやすいと言えます。
非常時に備えて 〜心構え〜